サプリメントは食品ですから、使用している素材によっては通常の食事と同じく、アレルギー反応を起こすものもあります。大豆や乳のようにアレルギーの原因となる主な原料については、パッケージ裏面に表示するようになっていますので、まずは購入時に確認するようにしましょう。ただし、アレルギーの原因物質は多岐にわたり、すべてが表示されているわけではありません。

また、普段はアレルギーの症状が出なくても、体調がすぐれなかったり、疲労が蓄積していたりすると、反応してしまうケースもあります。

あるいは、サプリメントが原因と決めつけているものの、実際はその日に食べたものであったり、前日に食べた食材であったりすることもよくあるケースです。

ちなみに、アミノ酸は最小単位の状態なので、理論上はアレルギーは起きません。以前、クレアチンを飲んでアレルギーが出たという人の話を聞いたところ、よくよく調べてみると、クレアチンと一緒に大豆が原料のプロテインを購入して飲み始めていたことがわかりました。

もしアレルギーが起きた場合は、まず考えられる可能性のあるものを一旦すべて中止して、そこからひとつひとつ確認していくというやり方がいいでしょう。単純にサプリメントだけと決めつけず、その日の食事の内容や体調なども整理して考えてみる必要があるからです。それと、スポーツ選手の場合は、試合などが近づくと気持ちが高揚して、実際に身体は疲れていてもそのことに気が付きにくいということもよくあります。こうしたときに症状が出るケースもあるので注意しましょう。

アレルナイトプラス※口コミ・効果・最安値価格【楽天・Amazon】