気温が低い冬の時期は血栓症による死亡患者が多くなる時期でもあります。

寒いことで体を動かすことが少なくなることも原因のひとつです。

しかし、毎日の運動が難しいという場合は、血栓溶解成分のナットウキナーゼを摂取することで血栓症の予防をすることができます。

血栓溶解成分とは、簡単に言うと、血液をサラサラにしてくれる成分です。

ナットウキナーゼは、ほかにも血圧を下げてくれる作用が確認されています。

そのため高血圧の予防と改善に重要な役割を果たしてくれると期待されています。

また、血流促進作用も認められ肩こりの緩和も報告されています。

血栓症や高血圧に不安のある方、薬の副作用が心配な方は、ナットウキナーゼを積極的に摂取することをおすすめします。

ナットウキナーゼは名前のとおり、納豆に多く含まれている成分です。

納豆を毎日食べている分にはそれなりにナットウキナーゼを摂取できていると考えても大丈夫です。

しかし、納豆が苦手だったり、毎日食べることが難しい方は、ナットウキナーゼのサプリメントを利用するのが効率的でいいと思います。

ナットウキナーゼのサプリメントで人気があるのは、小林製薬の「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」です。

有名な製薬会社のサプリメントなので安心感がありますし、同じく血液サラサラ成分のDHAとEPAも配合されているので、より効果を実感できると思います。

価格が手頃なのもうれしいです。

>>> 小林製薬「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」の詳細はこちら