マイケアの人気商品「イタドリ」ですが、グルコサミンよりも関節の痛みが和らぐのが早いようです。

イタドリにそのものに関節痛を和らげる効能がある成分が含まれているからということです。

マイケア・イタドリの販売ページでもグルコサミンより優れていることをアピールしています。

グルコサミンより早い

かといってグルコサミンの効果が取るに足らないものかというと、そういうわけではありません。

イタドリとグルコサミンとではその働きにそもそもの違いがあるのです。

イタドリには直接痛みを和らげる働きがあることは前述しました。

これに対し、グルコサミンには関節部分の軟骨を生成するという働きがあり、それによって徐々に痛みが和らいでいくというものです。

関節の痛みの原因の多くは軟骨が擦り減ったことによるものであることを考えれば、どちらも有用な成分であることは間違いありません。

マイケアの「イタドリ」もその点についてはきちんと着目しています。

イタドリのほかにグルコサミンも配合されているのです。

しかもグルコサミンは1,000mgも配合されています。

これがどれだけ多いかですが、久光製薬の「MSM+グルコサミン」が450mgであることと比較すると一目瞭然です。

このことは「イタドリ」を飲み始めた方の83%が効果を実感していることに現れています。

>>> マイケア・イタドリの詳細・公式サイトはこちら

マイケア・イタドリ






【関連記事】
マイケア・イタドリ※口コミ・効果・最安値価格【楽天・Amazon】