目の下のクマはタイプによって原因も改善法も違う!

実際はそうではないのに、疲れた印象や老けた印象を与えてしまうのが、目の下のクマです。

じつは、一口にクマといっても、青グマ・黒グマ・茶グマの3つの種類に分けることができます。

そして、それぞれのタイプによって原因も改善法も異なってきます。

青グマは血行不良が原因!

目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こるのが青グマです。

改善策は、マッサージで血液の循環を良くすることです。

マッサージは、顔全体の血液循環を良くするために、目の周りだけではなく顔全体に行います。

顔全体にマッサージをするのは、目の周りは単に皮膚が薄いために青さが目立っているだけで、目の周りだけが血行不良を起こしているわけではないからです。

青グマが出ているときは、顔全体の血行が悪くなっているといえます。

黒グマはむくみやたるみが原因!

下まぶたの薄い皮膚が年齢とともに薄くなり弱ってくるために、たるんで影ができてしまうのが黒グマです。

むくみが加わると、さらに目立つという特徴があります。

改善策としては、原因となるたるみを緩和するため、コラーゲンを強化するお手入れが必要です。

レチノールやビタミンC誘導体、ピーリング剤などコラーゲンを増やす作用のある成分を配合した化粧品を使うといいです。

これらの有効成分はシワにも有効なので、使い続ければ一挙両得の効果が得られます。

>>> 目の下のクマ専用のアイクリーム「アイキララ」はこちら

アイキララ

茶グマはシミやくすみが原因!

小さなシミの集合体や、こすることによる色素沈着や角質肥厚などが茶グマです。

どれでもメラニン色素が関係しているので、通常の美白ケアと同じお手入れを行うことが必要です。

もし、こすりすぎなどで角質が厚くなっている場合は、ピーリングが効果的です。

ただし、かゆみがあったり、湿疹ができていたりする場合は、皮膚科に相談するのがよいです。

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e4%b8%8b%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%9e%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%83%a9