アイキララに使われている成分はこのようになっています。

「水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル」

いまいちよくわからない成分がたくさん使われていますが、メインの成分は「ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸」のようです。

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸は、販売ページでは「MGAというビタミンC誘導体の一種」と説明されています。

ビタミンC誘導体と聞くと、途端に親近感がわいてきますね。

ビタミンC誘導体は美白成分として有名ですが、シワやたるみの原因になるコラーゲンの産生を促進してくれる機能もあります。

また、ビタミンC誘導体は美顔器を用いて浸透力を高める使い方が一般的ですが、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸はそのままでも浸透力に優れているという性質があります。

・ビタミンC誘導体とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。
・ニキビ跡の赤みや色素沈着、窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進など効果が報告されている。(出典:Wikipedia)

アイキララをまとめると、

1.肌への浸透力に優れている!

2.コラーゲンの産生を促進することで、シワやたるみを改善する!

これがアイキララのポイントのようです。

>>> アイキララの詳細:公式サイトはこちら

アイキララ